子供が使いやすい学習机を購入しよう【人気製品の特徴を紹介】

自由度の高さが人気

省スペースの学習机

親子

年齢が近い兄弟・姉妹がいる家庭などでは、一部屋を子供部屋として割り当て、二人で使用するケースが多いものです。
小学校に上がる頃になると必要となってくるのが学習机ですが、それぞれの入学に合わせて別々に学習机を購入するよりも、同時にまとめて購入するケースが増えています。
そのとき、高さも大きさも違う学習机だと部屋の統一感が損なわれ、何より部屋の使い勝手が悪くなってしまいます。
そんな悩みを解決してくれるのが兄弟デスク、あるいはツインデスクと呼ばれている学習机です。
兄弟デスクはシンプルな形をしていて、省スペース型の机です。
余計な棚やワゴンがありません。
子供の成長に合わせて必要になった収納アイテムを買い足していく成長型の机です。
ですからレイアウトも自由ですし、アレンジ次第で限りある空間でもゆとりある居住空間が作り出せる机です。
子供が小さいときのアレンジ方法として、2台並べるレイアウトがあります。
並べる事により机に向かう習慣化がついたり、兄弟の仲良し度が増してきたりします。
小学生でも3・4年になると一人のスペースが欲しくなってくるものです。
そのようなときは2つの机の間に間仕切り用の書棚を置く事で、一人一人のスペースが生まれます。
個室感覚もあり、勉強への集中力も増してきます。
小学生の高学年や中学生になると、完全な個室が欲しくなってきます。
そんなときは天井までの間仕切り家具やパネルを配置して部屋を分ければ、一つの部屋でも個室の雰囲気を演出出来ます。
兄弟デスクは飽きがこないようなシンプルなデザインが特徴で、アレンジが多彩な机です。
高さも年齢に合わせて調整が可能で、成長しても使用する事を前提に作られています。
学習机と使わなくなったときには他の用途に使えるなど自由度が高いので、兄弟・姉妹のいる家庭には最適な学習机といえます。

親として気になるのは費用

勉強

小学校の入学にあわせて学習机を準備する家庭も多くいますが、勉強になれてから購入する方や成長にあわせて購入する方もいます。
子供達が快適に学習するためには本人にあわせた学習机が必要になるので、いずれは購入しなければなりません。
学習机を生産するメーカーは11社以上あり、バラエティー豊かな学習机が市場に出回っているのも現状です。
学習机を購入するにあたり気になるのが費用面ですが、デスクと上棚、ワゴンがセットになっているものが多くあり、平均すると6万ほどの予算となります。
ですが、チェアやライトが別売りとなっている時もあるので、購入時にはどこまでがセットになっているか確かめてみましょう。
別購入ならチェアは5000円から15000円、ライトは3000円から12000円ほどで、学習マットが必要なときは3000円前後で購入できます。
学習机の相場は6万円前後ですが、安ければ1万円台、高い物になると10万円を超えるものまで存在しています。
机の幅や奥行き、使われている素材によって価格帯に大きな幅があるので購入時には真剣に検討することが大切です。
例えば、机を置く空間がない場合のシンプルな学習机なら1万円後半から2万円後半で購入できますし、2人分必要なときは並んで使えるものも、安ければ3万円位で購入できます。
部屋の空間を最大限に活かすベッド付の学習机なら6万円から8万円、素材にこだわり、機能性と安全性を重視したものは10万円前後が相場です。
学習机は高額な買い物でもあるので、購入の前には子供と一緒に展示してある製品を目で見て確かめてから選ぶことをおすすめします。

勉強しやすさが大切です

勉強する小学生

子供が小学校へ上がると同時に、学習机の購入を考える人が多くいますが、種類や価格などで、どのような机を買うべきか悩む声は多く聞かれます。
学習机は、小学生から高校生、もしくは大学生まで使う可能性がありますので、子供の体の成長に合わせて、勉強しやすい机を選ぶことが大切です。
学習机には、主に「棚付きハイデスク」と「棚付きローデスク」の二種類があり、ハイデスクは前面に高く備え付けてある大容量の収納棚が特徴です。
また、ローデスクは収納棚が低い分、前面に圧迫感がなく、机を壁につけて置く場合でも、窓からの光を十分に取り込める構造になっています。
最近では、省スペースにも対応できる薄型の「ライティングデスク」もあり、アパートや子供部屋が狭い家に適していると大変人気です。
この他にも、照明や椅子、付属の棚の追加で、たくさんの組み合わせができるため、子供の成長や住環境を考慮して、適したものを選び出す必要があります。
学習机を選ぶうえで一番大切なことは、子供が成長するにしたがって体が大きくなり、特に、身長が高くなる可能性を視野に入れておくことです。
長時間、座って勉強しても疲れにくく、勉強しやすいことが学習机の大前提ですから、身長に合わせて机や椅子の高さが変えられるものがお勧めです。
また、子供が学校に通い出すと、教科書やノートだけでなくプリント類やリコーダーなどの備品等が年々増えるため、収納は多ければ多いほど整理整頓しやすいと言えます。
そして、机を置く場所やスペースの大きさが重要ですので、現在と将来の住環境を考え、無理のない大きさの学習机を購入することをお勧めします。